SFA(営業支援システム)は、導入することで営業活動を可視化したり標準化したりすることが可能です。しかし、SFAの導入はメリットだけでなくデメリットもあるので注意が必要です。SFAのデメリットとしてまず挙げられるのは、コストが発生することです。システムの導入には初期コストがかかりますし、運用していくには月々のランニングコストが発生します。

発生するコストは利用人数などによって異なりますが、一般的に多機能なシステムほど多くのコストがかかります。そのため、導入する際は自社の課題を洗い出した上で必要な機能を明確にし、最もコストパフォーマンスが高いシステムを選ぶことが大切です。また、各営業担当者にかかる負担が大きくなるのもデメリットのひとつです。SFAには様々な機能が搭載されていますが、その機能を活用するには各営業担当者に情報を漏れなく入力してもらう必要があります。

特に、操作になれていないシステムの導入初期においては入力に多くの時間がかかってしまうこともあり、業務負担が増えたと感じる営業担当者も出てしまう可能性があります。そのため、入力業務の負担を減らすために、全ての営業担当者が使いやすいシステムを導入する必要があるでしょう。加えて、導入前から営業成績が良かった担当者の中からは、システムへの入力を行ってくれない方も出る可能性があるので、システムに入力することで得られるメリットについて十分に説明することも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です