SFAシステムは営業活動の自動化を行い、業務の効率化や顧客とのコミュニケーションを支援するために利用されています。SFAシステムのもつ機能には数多くのものがあります。その機能の中心と言えるのが顧客管理です。顧客の社名をはじめ、住所・電話番号・担当者などの顧客情報が管理できます。

履歴機能もあり、いつ変更があったかも一目でわかるようになっています。その他にも名刺の情報を管理することも可能です。これらの情報を共有することにより、重複セールスを行ってしまうようなことを回避できます。案件管理や商談管理もSFAの重要な機能です。

どのような商談を行い、案件としてはどのような状況であるかも共有できるようになっています。上長とも共有できますので、適切な営業指導を受けることも可能です。管理者においては、売上予測や予実管理も重要な機能です。案件や商談の情報をもとに、これらの情報が素早く集計されるようになっています。

個々のデータでは見えなかったものが、集計することにより見えてくるのはよくある話しです。グラフや表などで見やすく表示されます。営業日報の機能は営業マンにとっては便利なものです。最近では、タブレットやスマートフォンでも利用できるものが多く、営業中のすき間時間に日報を入力することができるようになっています。

これなら、営業マンは営業活動後に1日の日報をパソコンでまとめて入力するような業務から解放されます。SFAのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です