日本でのインターンシップ制度の取り組みは20年位前ですが現在ではこの制度を利用する学生が多くなりました。学生が就職活動前の大学3年生の長期休暇を利用して就業体験をすることができます。企業によっては金銭を支払われるところもありますが日本では社会勉強としての認識が高く残っており労働とみなされない事が多いです。現在では大学以外でもインターンシップ制度をとりいれている学校が増えており就職サイトでも就職情報に加えてインターンシップ情報を提供しているサイトが増えてきています。

長期インターンと短期インターンでは違いがあります。1か月以上の長期インターンシップでは実際に正社員について学ぶ事ができるのでスキルアップになり社会人としてのマナ―を学ぶ事ができます。会社によりますが正社員並みの給与の支払いがあるところもあります。インターンからそのまま内定となる事もあるので就職活動を有利に進める事ができるのがメリットです。

長期インターンでは業務の役割も多くなるためにフルタイムで働く事になり学業との両立の大変さがあります。1日~2日、2~3週間位の短い期間の就業体験は短期インターンシップといいます。学生同士のグループワークになります。短期なのでたくさんの業種や企業に参加する事ができ、多くの学生に出会うことができるので人脈作りができます。

短い限られた時間なので仕事内容や会社の様子を把握するのが難しくなります。会社の広報的要素も多いので実際の仕事体験をしたい方には向きません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です