インターンシップは、大学生や大学院生、専門学校生や職業高等学校生などが就職活動を始める前に、一定期間研修生として、企業で働くシステムです。将来就職したいと希望する分野の企業で研修生として働くことで、就職した際の働いているイメージを掴むことができるので、近年では多くの会社がインターンシップ制度を導入しています。インターンシップは、学生側だけでなく企業側にもメリットがあります。学生側としては、社会人がどのように企業の中で働いているのが具体的に確認でき、直接社員から仕事について話しを聞くことができます。

社会人との人脈ができるだけでなく、自分を会社にアピールして売り込める機会でもあります。仕事に必要な知識や技術がどんなものかわかるので、自分に足りないものを意識することができ、向上心も生まれます。一方の企業側は、仕事の一部をお手伝いしてもらえる他に、やる気のある学生を見つけることができるので、魅力ある採用候補者を探すことができます。学生は流行に敏感ですから、市場のトレンド調査ができますし、会社の良さをアピールすることで、若い世代に会社名や商品を広く認知させることができます。

学生を育てているということは、社会にも貢献しているということですから、企業の印象を良くすることも可能です。このように、インターンシップは双方にメリットがあります。学生にとって就職は、一生を左右するといっても過言ではない重要なものですから、インターンシップは、就職したい会社や業種を見極める良いシステムになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です