実際に社会に出て働き始める前に、インターンシップで職業を体験することができます。様々な業種や職種の会社で行われていますので、興味のある分野を自分で選択することになります。中には例外もありますが、アルバイトとは異なり賃金が発生することはなく、あくまで体験をすることが目的となっています。インターンシップを経験しておくことには多くのメリットがあります。

たとえば実際に社会に出て働き始めた後に、イメージと違うといったミスマッチングによって早期退職する可能性を低くすることができますし、実社会を知っておくことによって、社会により早く溶け込むことができるなど、学生の身分ではなかなか経験し得ない体験をし、学ぶことができるのです。インターンシップを経験することによって、今まで意識していなかった自分のスキルや目標の再発見にも繋がり、自己分析の機会にもなります。また、インターンシップを行う会社側にもメリットはあり、実際に採用して賃金を支払う前に、参加者の力量を見極めておくことによって、採用を出す基準に満たすかどうかの判断をすることができるためです。仮にせっかく採用したはいいものの、早いうちに退職されてしまっては経費も時間も無駄になってしまうことを避けることができます。

この点から、採用に至る選考の過程でインターンシップを設けている会社も多くあり、採用後のミスマッチングを会社側からも防ぐ試みが行われているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です