インターンシップとは、企業に入って一定期間業務を体験することを言います。就職活動の採用活動が本格的になる前に行われるもので、業界を理解したり企業を理解するのに役立ちます。就職活動が始まる前は、自分がどんな業界に向いているのか、やってみたい仕事と実際の内容には違いがあるのかが不明確なので、参加することでギャップを埋められます。インターンシップが行われるのはだいたい夏休みの時期に数日や数週間のものが多いですが、場合によっては数か月の長期のプログラムがあります。

インターンシップで出される課題は様々で、他の参加者たちとのグループワークで考え出した結果を発表するものや、自分ひとりにテーマを与えられて期間中に仕上げ、最終的な成果を報告するものなどがあります。多くの場合では給料は発生しませんが、中には月に数万から数十万近くの報酬が貰えるものもあります。そのため、就職活動だけでなくアルバイトも兼ねてインターンシップに参加しようとする学生もいます。インターンシップに参加することは就職活動では必須ではありませんが、企業のことを理解するのには大きなメリットがあります。

実際に企業のビルに入って様子を見せてもらうことができるし、業務について具体的に伺うことができます。自分のやってみたい仕事とのマッチングを図るのに最適です。参加していないと不採用になるということはないですが、もしチャンスがあるのなら参加してみて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です