インターンシップとは、企業が一定期間の間就職活動を行う前の学生を受け入れて、業務に就いてもらうなどの制度のことです。夏休みを利用するケースが多いものでしたが、今では秋から冬にかけての短い期間でも行なっているので、学生は幾つかのインターンシップに参加できるようになっています。そのメリットとなるのは、学生にとっては社会人経験をすることができる点にあります。ビジネスマナーなどを学ぶ機会を得ることができるので、就職活動に活かすこともできる上に、新社会人となってからは早いスタートダッシュを切ることもできます。

また希望する業種の仕事に携わることによって、その雰囲気を知ることができるのも大きなポイントとなります。幾つかの業種に参加することによって、自分の適性を知ることもできるわけです。さらに就職を希望する企業のインターンシップに参加することにより、自分自身のアピールを行うこともできます。面接などでは伝えきれない自分の良さや仕事に取り組む姿勢などをアピールすることで、印象づけることができます。

これは開催する企業からみてもメリットとなることです。より業務に適する優秀な人材をチェックすることができるわけです。双方ともにメリットの多い制度ですが、その参加人数は限られているので人気のある企業のインターンシップには多くの希望者が集まります。抽選によって選ばれた学生が参加できることになりますが、それでも複数のインターンシップに参加することにより、得られることも大きいものです。

SFAとはのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です