SFAは営業戦力の効率化を目的としたツールです。何か特別なメソッドによって営業手法を提示するわけではなく、組織として同じ方向を向いて案件に向き合うことで、成約率を高めます。そのために欠かせないのが営業活動に関する情報管理です。個人で管理していた案件の情報を共有することで、自社がどのように営業しているのかを見えるようにします。

中には時間がかかりすぎている物やトラブルが発生している物もがあるかもしれません。それを個人で対応していると時間がかかってしまいます。チームとして対応できれば、難局を乗り越えやすくなるでしょう。SFAでは進捗管理はもちろんのこと、担当者のスケジュールや顧客の情報、商談リストなどを一括管理します。

担当者が個人で管理していたデータを入力することで、自動的に共有され分析結果が表示されます。理想とされる進捗からずれているものや予想よりも良い結果が得られているものを明確にするkとが可能です。予算や実績管理も一緒に行うことで営業全体の動きが見えるようになります。SFAの導入によって担当者が得られるメリットは、個人で抱えている問題を組織に展開することができる点です。

成績に影響する成果を共有することで、他の差がつかなくなり評価が下がることを心配する人がいますが、そのような考え方を続けているといつか限界が来てしまいます。共有された情報でチーム力を生かしていけば、効率よく営業をすることができるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です