SFAを使えば、営業活動を可視化できるというメリットがあります。これまでの日本の企業では、営業活動の可視化というのはあまり行われてこなかったのではないでしょうか。営業業務は、それぞれの営業担当者に任されていて、そのやり方に周囲の人はあまり口を出さないようにし、とにかく契約件数・契約額という結果が全てという風潮がありました。営業はどちらかというと個人プレーという感覚で、情報などもあまり共有されないことが多いです。

しかし、このやり方はもったいないのではないでしょうか。優秀な営業スタッフの営業ノウハウを、営業部の全員で共有するようにすれば、もっと売上をアップできるはずです。また、営業成績がいまいちの人も、業務を可視化することで、どこが悪いのかを見つけ出し改善するように指導することが可能になります。営業スタッフをマネジメントする側の人間からしても、可視化されていると評価などがやりやすくなるでしょう。

SFAのシステムを導入して営業活動を可視化するためには、逐一細かい情報を入力しなければなりません。これがちょっと面倒だと思うかもしれませんが、SFAはスマートフォンなどの携帯端末からも入力・操作することが可能で、移動時間などを利用して外出先から入力すれば、それほど負担にはならないです。むしろSFAを活用することで、業務上の認可や資料のやりとりを出先から行えるようになったりするので、いちいち会社に戻ったりする必要がなくなり効率が上がるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です