SFAとはSalesForceAutomationの略語であり、日本語では、英語そのままの直訳とは少し異なるものの、営業支援システムなどと呼ばれることが多いようです。Salesは販売とか営業という意味ですが、Forceとは直訳すれば力ということです。ここでは、それだけの力を発揮する組織とかチーム、部隊といった感じで捉えれば良いでしょう。Automationはそれだけでも日本語化しているとおり、オートメーション、自動化ということです。

完全に自動で人手を全くかけることなく進められるというような意味ではなく、SFAにおいては営業チーム、営業部隊を支援し、できるだけ余分な負担をかけることなく本来の仕事に集中してもらえるようにサポートする仕組みと考えることができます。具体的にSFAではどんな仕組みがあるのかと言えば、まず営業の相手先である顧客の情報があります。名前や住所などの属性情報の他、購入履歴とか今後の購入見込みといった情報が挙げられます。この部分は特に顧客管理として独立したシステムと扱われることもあります。

ただ、SFAは顧客情報を管理するだけのシステムではありません。営業担当者がいつ、どのような活動をしたのかについても含めて考えることが普通です。いつ、どの顧客に会ったのか、どのときの反応や手ごたえはどうであったのかといった情報が次のアクションを考えるに際して大事なことは言うまでもないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です