SFAはビジネスシーンで使われる事が多く、営業支援システムを意味します。営業部全体がどのように活動しているか管理したり、スタッフ個別の活動を確認するシステムです。それぞれの商談の進捗状況がわかるのがメリットになります。SFAを導入するメリットは、営業活動をする前に顧客のデーターがわかる事です。

SFAを他の部署とリンクすると、在庫状況がわかり顧客への返事が早くできます。外回りや営業活動中に納期や在庫の数がすぐわかるので顧客の要望にすぐの返事が出来るのがメリットです。SFAは営業内容を組織化するのが使用する大きな目的になります。従業員の数が多い場合や、支社が離れてる時に便利です。

倉庫関係者や生産ラインの管理者と営業が同じ資料を見ることができます。離れた場所にいても顧客からどのようなリクエストがきたかわるので便利です。いつ営業したか、いつがアポイントの日か把握する事で効率よく仕事ができます。全体的に情報を共有するので、効率よく作業が出来るのがメリットです。

SFAは大きく分けて三つの効果が期待できるのが魅力になります。案件ごとの管理と営業活動の一括管理、顧客情報の一元化です。これらの通常だと管理がばらばらになる分野を一元化するのがSFAのメリットであり役割になります。余計や時間や手間を省き顧客や他部門とのコミュニケーションを完結にそして間違えないようにするシステムです。

これを使用するとより多くの営業活動が可能になります。SFAのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です