営業活動を効率化してくれるシステム「SFA」でできることの一つに、顧客情報管理があります。SFAでは、会社名や氏名、住所、購入履歴などの基本的なデータ以外にも、営業スタッフがどれくらいの頻度で顧客と接触しているのかや、具体的な商談内容なども蓄積していくことができます。そのため営業活動を見える化することができるようになりました。従来の営業活動は、セールスマンが個人プレーで行うような形が多かったのではないでしょうか。

多少の横の連携はあるでしょうが、それぞれのセールスマンの行動は見える化されておらず、情報管理なども各々に任されていることが普通です。しかしこのような状況はあまり好ましいとは言えません。もしもそのセールスマンが退職などしてしまえば、情報がゴッソリなくなってしまう可能性があります。また、非常に優秀なセールスマンのノウハウなども共有できませんし、完全に失われてしまう可能性があります。

SFAの顧客管理機能を使えば、セールスマンの営業行動を蓄積することができ、さらに会社で情報を共有することができるようになります。情報を共有することができれば、セールスマンの営業力の平準化、ベースアップ化がなされ、結果的に売上・利益の増大をもたらしてくれるでしょう。詳細な情報を蓄積・共有することで、顧客情報の引き継ぎなどもスムーズに行われるようになります。担当セールスマンが交代したりしても、トラブルを未然に防止するのに役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です