CRMを使うことで、顧客との関係性を適切に維持することが可能です。簡単に言ってしまうと、顧客情報の活用方法の効率化と言えます。営業担当者が持っている顧客情報を一元管理することで、生産性を向上させます。その情報はリアルタイムで確認できるように共有され、フィールドでの問題解決やアドバンテージの水平展開がスピーディーに実施可能です。

つまり人によってバラバラだった営業活動を組織として一定の水準に引き上げることになります。CRMを使うことで、個ではなくチームとしての営業に変わります。顧客にとっては企業と関係を持つことが重要であり、営業担当は問題にならない程度の対応であれば気にすることはありません。担当者の個々の能力に頼っていると、組織としてのばらつきが生まれて、ブランド力を強化することが難しくなります。

それではリピートしてもらえる可能性が低くなり、継続的な収益を確保できるかわかりません。CRMを活用するとブランド力が高くなり、組織としての信頼が高くなります。ロイヤリティが高くなることで、他のユーザーへの働きかけも期待できるようになります。つまり良いイメージを発信してもらえる顧客が増えるということです。

評判が良ければ、それだけ多くの人に受け入れてもらえる可能性が高まります。人に勧めた顧客は、さらに好意を抱くようになり、リピートしてもらえることになります。このようにして、既存の顧客を維持し、新規開拓も可能にすることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です