CRMシステムの導入は、顧客管理の一元化ができる、部署間の情報共有が容易になる、顧客満足度の向上が期待できるなど様々なメリットがあります。しかし、自社に合ったシステムを選ばなければ、導入によって得られるメリットが半減してしまうので注意が必要です。CRMシステム選びのポイントとしてまず挙げられるのは、操作性です。機能面には問題がなくても、使い勝手が悪いシステムを選定してしまうと、システムを使いこなせずに導入が失敗に終わるリスクが高まります。

そのため、システムを利用するメンバーの中にはITツールに不慣れな方も存在するということを念頭に置いた上で、誰でも直感的な操作ができるシステムを選定することが大切です。なお、CRMシステムの中には無料トライアルを利用できるものも少なくないので、トライアルで使い勝手を確認した上で最終的な判断をすることをおすすめします。また、必要な機能が搭載されたシステムを選ぶことも大切です。CRMシステムには様々な機能が搭載されていますが、多機能なものほどコストが高くなります。

不要な機能に対して費用を支払うのは無意味ですし、機能が増えるほどシステムを使いこなすのが難しくなります。したがって、システム選定の際は、あらかじめ導入目的を明確にして必要な機能を洗い出しておくことが大切です。さらに、サポート体制の充実度も重要なポイントです。特に、初めてCRMシステムを導入する場合、導入直後は様々なトラブルや不明な点が発生する可能性が高いので、手厚い導入サポート体制が整っているシステムを選ぶと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です