お肌の赤ニキビへの対策とは

お肌に赤ニキビができてしまうと、白い色よりも、ずっと気になってきます。毛穴のアクネ菌が増殖してしまい、炎症を起こしています。その周辺の皮膚まで巻き込み炎症を起こしてしまい、赤ニキビは目立つ存在となります。赤みを帯びて膨れた状態ですから、うっかり手で触ってしまうと、痛みも感じるレベルです。

出来てしまったものは仕方がありませんが、できたら白い段階で手を打つことも対策となります。肌の皮脂分泌が活発となり、赤いニキビが炎症を起こしてしまうというのは、余計皮膚の状態も悪化することになります。このレベルにきたら、とにかく強い刺激を与えないように対処していくのも大事になってきます。赤ニキビを改善していくのであれば、スキンケアと食事の両方で、改善へと導いていくことです。

もしも炎症がひどく、膨らみも大きくなってしまったら、皮膚科の受診も必要になってきます。皮膚の専門医による、治療の指導を受けましょう。そこまでではなければ、普段の食事とケアで対処をします。スキンケアで使用する、洗顔料や化粧水などは、できるだけ低刺激のタイプを選びましょう。

成分を確認して、刺激が少ないものであるかを確認します。内面のケアとしては、食事の内容と栄養にも気を配ることです。砂糖をふんだんに使ったお菓子とか、油っぽい料理、ファーストフードなどは、しばらくは控えることです。フレッシュな野菜や果物、良質なタンパク質やミネラルなどを、バランスよく摂取しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です