大人ニキビの意外な原因とは

10代の若い頃にできるニキビ、これはホルモンのバランスが乱れたことによって皮脂の分泌が過剰になったことが原因です。そのため過剰な皮脂分泌を抑えるのが主な対策となります。しかし大人になってからできる大人ニキビの多くは過剰な皮脂分泌が原因ではないといいます。乾燥しているのになぜかできるなど、その対応に困ってしまうわけです。

そもそもニキビの原因は皮脂だけではありません。アクネ菌は皮脂が大好物というイメージがありますが、実は皮脂以外にも大好物があるのです。それが古くなった角質です。通常角質はターンオーバーによって28日周期で新しい肌細胞に入れ替わっていますが、加齢やストレスが原因でその周期が乱れることがあります。

すると本来は排出されるべき古くなった角質が肌内部に残ったままとなり、それが毛穴をふさいでしまうのです。そうするとそれを大好物とするアクネ菌が大繁殖してしまうわけなのです。乾燥肌なのにニキビができる、こういった症状にお悩みの方は古くなった角質が肌に残っている可能性が高いのです。そんな方におすすめの方法がピーリングです。

ピーリングというと美容皮膚科などで行うケミカルピーリングを思い浮かべるかもしれませんが、市販のマイルドなものでもいいでしょう。これを使うことで毛穴をふさいでいる古くなった角質を取り除くことに成功すれば殻をむいたゆで卵のようなつるんとしたお肌になって、ニキビとはおさらばできるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です