ニキビは生活習慣の乱れから発生する

思春期時代のニキビは、生活習慣に問題がなくとも発生します。皮脂分泌が活発な時期でもあり、思春期の肌トラブルに関しては特に気にする必要はありません。大人になれば自然と皮脂分泌は安定し、ニキビなどの肌トラブルのリスクは減ります。大人になってもニキビに悩まされている方は、生活習慣に問題があると考えていいでしょう。

ニキビの原因は実に数多く、医師も特定が難しいほどなのです。よくある原因はストレス、食生活の乱れ、寝不足、冷え性、ホルモンバランスの乱れなどです。そのほか、不健康な状態はすべて肌トラブルに関係すると考えていいでしょう。お肌は内側から作られるものなので、健康状態がそのまま肌状態になってしまうのです。

ストレスが溜まっているときの肌は緊張し、バリア機能が低下しているものです。肌の状態が不安定になったら、まずは生活習慣を疑ってみましょう。不健康な習慣に心当たりがあれば、それがトラブルの原因かもしれません。不調をまとめて解消していけば、肌状態も安定していくでしょう。

生活習慣が乱れると、生活リズムにも狂いが生じるのです。夜遅く眠る習慣が身についてしまうと、朝起きるのも遅くなるでしょう。朝食を摂らずに出勤ギリギリまで眠っている方も多いはずです。欠食は肥満を促進しますし、日中のエネルギー不足の原因ともなります。

睡眠リズムに狂いが生じるだけで、一日の生活リズムがすべて狂ってしまうのです。ニキビを防ぐためには生活リズムを整えることが大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です