ニキビ跡のケアにビタミンC誘導体が力に

ニキビ跡のケアに効果的な美容成分としても注目を集めているのが、ビタミンC誘導体です。ビタミンCは美容効果が高いとしても有名であり、コラーゲン生成を促したり、抗酸化成分でもあり、美白にも良い成分です。そんなビタミンCの弱点は水分や熱に変化しやすいことと、水溶性であるために、肌へ塗布しても深い浸透は期待ができないという点です。化学的加工をしたものが、ビタミンC誘導体です。

近年の化粧品には、よく目にする美容成分ともなりました。ニキビ跡は、なかなか厄介な存在でもあります。綺麗な素肌にしていくためには、肌のターンオーバーを正常化していく必要があり、肌の栄養成分も重要なポイントになります。そこで活躍してくれる美容成分の一つが、ビタミンC誘導体となってくるわけです。

日々のスキンケアにビタミンC誘導体の含まれた化粧品を使用することで、肌のターンオーバーは促進されていきます。そのため、ニキビ跡の改善効果も期待ができるということになります。ビタミンC誘導体が持つ、美容効果は一つではありません。過剰な皮脂分泌を抑えてくれますし、肌の持つバリア機能を強化させる作用もあります。

毛穴も引き締めるため、素肌のキメ下取えることができます。線維芽細胞の活性化にもつながるため、皮膚のコラーゲン生成も促進されます。チロシナーゼはメラニン生成の酵素ですが、その作用を抑制させることもできます。活性酸素除去にもなるため、赤くなった炎症も抑える作用が働きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です