化粧水の意外なおすすめの選び方

100均から10000円以上の高額なものまで化粧水の価格は大きく幅があります。もちろん高ければ高いほど化粧水の使用効果は上がりますが、できれば安めの価格でおさめたいものです。かといって安価なものでは必要な効果が得られず使う意味がなくなってしまいます。値段と効果のバランスを考えて選ぶようにしましょう。

おすすめの選び方は2点あります。第一に、3ヶ月くらいで使い切ってしまっても構わない値段を選ぶことです。化粧水に限らず化粧品には消費期限があります。大体未開封で3年間、開封済みですと3ヶ月から6ヶ月間と言われています。

消費期限が過ぎた化粧品はスキンケアになるどころか肌を痛める可能性があるので使わないようにしましょう。ですので期限内の3ヶ月から6ヶ月間に使い切る、つまり年に2~4回購入しても懐が痛まない価格の化粧水をおすすめします。第二は、肌質に合ったものを選ぶことです。化粧水はさっぱりタイプやしっとりタイプなどさまざまなテクスチャーが販売されています。

いくらちょうどいい価格のものだからといって乾燥肌の人がさっぱりタイプを選んでしまうと保湿が足りずに乾燥してしまい、意味がありません。逆にオイリー肌の人は油分の少ないさっぱりタイプを使ったほうが油分と水分のバランスを取れるようになるのでおすすめです。それでも肌質によっては相性が合わないことがありますのでできればサンプルやトライアルキットでパッチテストを行ってから使うことをおすすめします。ロダン&フィールズのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *